Bloglinesがサービス終了

RSSリーダーのサービスを提供している「Bloglines」が、10/1にサービス終了するそうです。

2003年にスタートしたBloglinesは、2005年にはAsk.comが買収。

当初はRSSリーダー分野で人気の企業でしたが、ここ1年で訪問者数が71%も減少していたようです。

理由としては、「Twitter」などのリアルタイムフィードにユーザが流れてしまったと分析しているようですが、他にもスマートフォンへの対応が弱かったということもあるでしょうね。

ライバルの「Googleリーダー」がAPIを公開して、サードパーティがiPhoneアプリ化しているのに対して、BloglinesではSafariでの閲覧に対応しているのみ。

まぁGoogleリーダーも訪問者数を1年で27%減らしているので、RSSリーダー自体が縮小している部分もありそうですが。

…とはいえ、RSSの仕組み自体が縮小しているかというと、そうではないような気もします。

どちらかといえば、RSSフィードはマッシュアップされ、ポータル・サイトなどで利用される形が増えてきました。

例えば「Google ブログ検索」や「Yahoo!ブログ検索」などもそうですが、RSSリーダーで固定的に購読するよりかは、必要な時に都度調べるといった使い方に変わってきたように思います。

ちょっと気をつけないといけないのは、RSSリーダーの利用が減ったので、RSSフィードの配信を止めるという考えになってしまうことでしょう。

Webサイトの運営を考える際は、RSSフィードはマッシュアップされるという前提で進める方が良さそうに思えます。

コメントを残す