Office for Mac 2011の発売日が決定

マイクロソフトが「Microsoft Office for Mac 2011」の発売日を発表しました。

10/27の発売日に用意されるパッケージは「Home and Student」「Home and Business」「Academic」で、価格は未定とのこと。

今回の目玉は、Mac版では初めてとなる「Outlook」が、「Home and Business」「Academic」に同梱されるようになりました。

今まではメール/スケジュール管理ソフトには「Entourage」が付属されていましたが、これでやっとWindows版と同様のラインナップになりましたね。

それと、Mac版では独特の操作画面が特徴でしたが、このバージョンからはリボン・インターフェイスが採用されること、さらに非サポートだったVisual Basic for Applications(VBA)にも対応するようです。

これまでは、たまにマクロ入りのExcelファイルを渡されて困ることもありましたが、やっとそれも軽減されそうです。

まぁ、MacでMicrosoft Officeを使っている人は少ないかもしれませんが、今回はユーザにとっては楽しみなバージョンアップになりそうです。

ちなみにMicrosoft Storeでは、8/3以降に「Office for Mac 2008」を購入した人は、3,000円で「Office for Mac 2011」にアップグレードが可能になる「優待アップグレードキャンペーン」も開始されています。

「Office for Mac 2011の発売日が決定」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Studio Pumpkinhead Blog

コメントを残す