アップルが「Magic Trackpad」「Battery Charger」など新製品を発表

アップルが新型「Mac Pro」「iMac」「LED Cinema Display」と、新商品「Magic Trackpad」「Battery Charger」を発表しました。

Mac Proは最大12コアのCPUを搭載できるように、iMacは全てのラインナップでCPUがIntel Core iシリーズになっています。

まぁMac Proの12コアが必要な人って、動画編集がメインな人などかなり限定されるとは思いますが、iMacはなかなかコストパフォーマンスに優れているのではないでしょうか。

それとLED Cinema Displayは、27インチが9月から999ドルと、こちらも何とか手に入れやすい価格にまで下がったという感じかな。

ただ24インチが販売終了すると、小型モニタが欲しい人は選択肢が無くなってくるという問題はあるのでしょうが。

そしてMagic Trackpadは、マウスの代わりにノートブックのようにタッチパッドで操作するためのインターフェイス。

マウスより、ノートPCでの操作に慣れている人には良いのでしょうが、個人的にはマウスの方が使いやすいので、今回はパスかなぁ。

ガラスで出来ているらしいので、落下にも注意する必要がありそうです。

Battery Chargerは、充電式の電池。

充電器+電池6本で2,800円と、エネループの実売価格に比べても良い勝負なので、お好みで選べば良いでしょう。

そういえば、オンラインのApple Storeでは電池単品での販売が無いのですが、そのうち追加されるのかな。

ちなみに現在Apple Store Onlineでは、古いMacやWindows機の下取り価格15%アップのキャンペーンを行っていますので、これを機会にiMacゲットというのもひとつの手でしょう。

「アップルが「Magic Trackpad」「Battery Charger」など新製品を発表」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Studio Pumpkinhead Blog

コメントを残す