Lynyrd Skynyrd『Live From Freedom Hall』

70年代のサザン・ロックを代表するバンドのひとつ、レーナード・スキナードが、2007年6月15日にケンタッキー州ルイヴィルのフリーダム・ホールで行ったライヴ映像『Live From Freedom Hall』がリリースされました。

今作は2009年1月28日に亡くなった、オリジナル・メンバーのビリー・パウエル存命中の最後のツアーということで、記念碑的な作品ともなっています。

選曲の方も、ほぼ全盛期のナンバーで占められており、ラストは「Sweet Home Alabama」から、ビリーのピアノが印象的な「Free Bird」で締めくくる展開。

気になる点として、カメラワークがイマイチなことと、音質も冴えないといったところですが、それでも彼らのスイングしたブルージーな演奏は十分楽しめるのではないでしょうか。

メンバー全員、けっこういい年齢になっているので、演奏の方もいぶし銀といった感じです。

サザン・ロックの中でも、オールマン・ブラザーズ・バンドや、ザ・バンドの影に隠れがちな彼らではありますが、改めて再注目してみるのも良いかもしれないですね。

コメントを残す