Kula Shaker『Pilgrim’s Progress』

2006年の再結成後、第2段となるクーラ・シェイカーのアルバム『Pilgrim’s Progress』がリリースになりました。

1996年のデビュー作『K』から日本での人気も高い彼らですが、再結成後の前作『Strangefolk』では、特徴だったインド音楽のテイストもやや薄れた印象。

今作でも、スピリチュアルで繊細な楽曲が多いですが、やや迫力不足なのは否めないところです。

逆に言えばバンドも成熟したということで、リード・トラックとなっている「Peter Pan R.I.P」では、ストリングスを導入して、メロディー・ラインの美しさを強調させています。

他にも、じっくり聴きこめばジワジワ良さが分かる曲もありますが、まぁデビュー当時のサウンドを求めると肩透かしを喰らうかもしれませんね。

全体的には、癒し系サウンドといったイメージでしょうか。

コメントを残す